HOME>コンテンツ>居抜き物件を利用するにあたって確認すべきコト

居抜き物件を利用するにあたって確認すべきコト

会議

自分の店を持ちたいなら

開店するために必要に資金が足りない場合は居抜き物件を探すといいでしょう。理由はすでに設備がそのまま、残っているからです。なので、設備のための資金が必要なくなります。よくあるのが飲食店の居抜き物件です。飲食店の場合は調理などで火力の強い調理器具が必要です。それに食材が傷まないように大型の冷蔵庫も必要です。居抜き物件が飲食店だった場合、内容によっては食器も購入せずにすむかもしれません。しかし、居抜き物件もいいことばかりではありません。店をやっていく上で重要なのは、集客率です。前の店が何故、閉店したのか確認しておくべきです。例えば、大阪は食いだおれの街と言われるほど、あちこちで沢山の飲食店が存在します。しかし、同じような店が並んでいる場所では顧客の画策は難しいです。それなりの対策が必要になります。

テレビ会議

大切なのは地元の情報

居抜き物件探しは不動産業者選びから始まります。実際、貸店舗を仲介するのが不動産の仕事です。例えば、大阪駅の周辺で飲食店を開きたいのなら、現地に詳しい業者を探します。最近はネットで簡単に割り出すことができます。何故なら、居抜き物件をまとめたサイトが沢山存在しているからです。それにサイトにアクセスすれば、カテゴリーごとに希望の場所をチェックするだけで幾つか物件紹介してくれます。ただし、候補を選んだら現地に行って確認します。その時、仲介してくれるのは地元の情報に詳しい不動産業者になります。店をやるといっても集客力の低い場所だと困ります。それに昼間と夜で環境は変化します。とにかく、いい条件の居抜き物件を手に入れたいのなら地元の不動産業者に依頼することが大切です。