貸事務所にするかレンタルオフィスにするか迷っている人へ

働く場所を貸事務所にするかレンタルオフィスにするか迷っている人は多いと思います。安くてお手軽なレンタルオフィスは魅力的ですが、長期的な費用や信用度を考えると貸事務所も魅力的です。そのため、ここでは貸事務所にはレンタルオフィスと何が違い、どんなメリットがあるのかまとめています。また、貸事務所を借りる時に大切にしたいポイントについても説明しています。

貸事務所とレンタルオフィスって何が違うの?

貸事務所

基本的に不動産会社に仲介してもらい物件を借りる事ができます。家を借りるのと同じように礼金や保証金、仲介手数料が初期費用として払う必要があります。しかし、長期で借りることを考えると割安になることがほとんどです。

レンタルオフィス

レンタルオフィスは、敷金や礼金が不要の場合が多く初期費用を抑えられます。また、内装やオフィス家具が揃っています。しかし、維持費が高いので長期で借りると賃料が割高になるのが特徴です。オフィスで個性を出したい場合にも、レイアウトがしにくいためあまり向いていません。

貸事務所はレンタルオフィスにも負けない魅力が満載!

男女

貸事務所のメリット

最近話題のレンタルオフィスですが、貸事務所にもメリットは多いので、自分の会社に合うものを選ぶようにしましょう。まず、貸事務所のメリットは他社かから見た際に信用度が高くなるということがあります。金融機関から融資を受けたいという時にもレンタルオフィスよりも貸事務所の方が融資される確率は高いです。事業を始めてすぐはレンタルオフィスを利用して、事業が軌道に乗り始めてから貸事務所に移るという選択肢もあります。

株式会社山忠

最寄り駅から徒歩5分の好立地☆名古屋にある貸し会議室を利用しよう♪

後悔しない!貸事務所の選び方3つのポイント

女性

アクセス

クライアントが来る機会が多い会社は、アクセスを重視するといいでしょう。都心になれば駅チカの物件は人気で家賃も高いですが、アクセスがいいと社員の満足度にも繋がります。

広さ

仕事の機能性を考えて広さを検討しましょう。狭すぎる部屋では作業がはかどりませんし、窮屈です。しかし、広すぎてもスペースを無駄にしてしまいます。社員の数や設備の大きさなどを考慮して選びましょう。今後社員を増やす予定があれば、広い部屋を借りるのこともいいですね。

外観

忘れがちなポイントとしてあげられるのが外観です。外観は重要視していない人も多いのですが、外から見た印象は会社自体の印象に関わりますので、外観もないがしろにしないようにしましょう。特にこれから事業を拡大したい、従業員を増やしたいと考えている会社ほど、外観の綺麗さは大事にしましょう。